インターホンの交換は専門業者に頼もう【商品選びが簡単】

機能による違い

玄関

種類や注意点

インターホンとは電話回線を使用しない構内設備にみで通話できる設備を言います。よく知られているのが家庭で使うもので、住宅用途インターホンと呼ばれています。外の玄関近くに設置するのが子機で、室内にインターホン親機を設置するのが一般的です。それにより呼び出しを受けて室内から通話ができる仕組みになっています。通話機能だけでなく、カメラを内蔵したものや録音機能を備えた高機能機器も存在しています。また通話の方式の違いで親子式と相互式にわかれています。親子式は一般的なインターホンで、子機から親機を呼び出す形です。相互式は互いが親機となる方式でどちらからでも呼び出し・通話が可能な形です。インターホンを交換する際は用途によりどちらかの形を選択します。電話回線を使用しないので家庭用では電話会社ではなく町の電気屋さんでも対応可能です。しかしカメラ内蔵型といった高機能機器の交換は、取り付け場所や角度など検討する必要はあります。高すぎたり低すぎたりすると来訪者の顔を確認できなかったりするからです。適正な高さを業者と一緒に検討する必要があります。またカメラならではの逆光対策も必要です。カメラが逆光補正機能付きなのかも交換時に確認しておくと安心です。インターホンの交換は故障以外にも防犯対策の一つとして盛んに行われています。用途により機種は変わりますので、交換時は専門の業者に相談して機器から助言をもらうようにすると安心です。

Copyright© 2017 インターホンの交換は専門業者に頼もう【商品選びが簡単】 All Rights Reserved.