インターホンの交換は専門業者に頼もう【商品選びが簡単】

集合住宅での改修

入口

概要と交換について

インターホンの寿命は一戸建て住宅で十年、マンションのような集合住宅では十五年と言われています。マンションのインターホンはオートロックや警備システムと連動しているので、一戸建て住宅のインターホンに比べて高額かつ故障率が高くなる傾向があります。一概には言えませんが、マンションのインターホンは共有部分であり、修理や修復の義務が共同組合(あるいは理事会)に発生するケースが殆どです。但し、個別修理に関する費用については自己負担を求められる場合があります。これは窓ガラスと同じ理屈で、窓ガラスは共有部分ですが、それを割ってしまった場合は自己負担で修復しなければなりません。マンションにおけるインターホンの寿命が十五年程度とされているので、十五年前後を目安に一斉に取り換えてしまうマンションが多いようです。前述のように、マンションのインターホンはオートロックや警備システムが一律で連動しているので、取り換える際も一律のインターホンで一斉に交換した方が効率面で優れているからです。費用の方もメーカーやシステムによって上下しますが、だいたい五万円から二十万円の範囲で収まるかと思います。協同組合が主導して一斉に取り換える場合は、一部費用を積立金から捻出する事も多いので、満額負担を強いられる可能性は低いです。この辺りはマンションの管理規約によって大きく異なるので、気になる場合は確認した方が後々のトラブルを回避できます。

Copyright© 2017 インターホンの交換は専門業者に頼もう【商品選びが簡単】 All Rights Reserved.